ハイブリッド投資

J-REITと言う不動産投資信託

不動産投資では大きな資金を準備しないと難しいです。
ワンルームマンションと言う比較的手ごろな投資物件でもそれは同じです。
フルローンやオーバーローンと言った無理のある不動産投資を行うと破綻リスクが高くなります。
そんなときに魅力的なのがJ-REITと言う不動産投資信託です。
J-REITでは多くの投資家から資金を集めてオフィスビルなどの不動産に投資しています。
そのため一人の投資家の資金力では難しいような不動産投資が行えます。
少額から不動産投資に参加できるため、手軽に始められるのが良いところです。
一般的な不動産投資のような難しい投資物件選びや管理も行わなくて済みます。

 

キャピタルゲインとインカムゲイン

J-REITでは通常の不動産投資同様、キャピタルゲインとインカムゲインと両方期待できます。
J-REITの場合、キャピタルゲインは売却益、インカムゲインは分配金です。
流動性の低い不動産だと売却したくても難しいことがありますが、J-REITは証券取引所に上場しており株式のように売却することが可能です。
インカムゲインについても利回りの高い銘柄が多いために期待値が大きいです。
利回り3%4%以上と言った銘柄が多く見られ、超低金利の定期預金を組むより魅力が大きいです。
なぜ利回りが高くなるのかそれは得られた収益のうち、9割投資家に分配すると税制面でのメリットがあるからです。
J-REITでは収益の殆どが分配に回されています。

 

J-REITのリスク

その代わりにJ-REITにもいくつかのリスクがあります。
景気悪化などで賃料が減ると分配金も減ると言うリスクです。
大幅な分配金の減少があると、その銘柄じたいの価格も下がる可能性が高いです。
上場廃止になったり倒産すると大幅に価格が下がりかねないです。
その他にも投資物件に地震や台風など災害が起きるリスク、金融機関からも資金調達を行っている場合は金利上昇リスクもあります。
J-REITでは複数の投資物件に分散投資していますが、これらのリスクもあると言うことを頭に入れてから始めたほうが良いでしょう。"