ハイブリッド投資

上昇相場の急落

株式市場で暴落がなく右肩上がりに推移しているときというのは、各種マスコミや専門家などからの株式に強気は発言が目立ってきます。
また、各種証券会社からも様々な銘柄についても強気なレポートも多く出てきます。
しかし、そのような時は個人投資家の投資先である小型株式の日々含み益の膨らんでいく銘柄をただ眺めているのではなく、いつ株式を売却したら一番いいのかということを模索している時期なのです。つまり、株価が堅調に右肩上がりのときというものは常に個人投資家というものは利益確定したい衝動に駆られながらそれを抑えている時期なのです。

 

ですから、何かのきっかけで株価が下がりだす時は今まで利益確定のタイミングを考えていた個人投資家が利益を失いたくないという思い、一斉に株式を売却してくることもあるのです。
つまり、株価の上昇局面での小型株式の急落とは含み益を抱えた個人投資家の一時的な売りであることが多いのです。ただし、大型株式の急落はこの限りではありません。
なぜならば、個人投資家というものは大型株式に影響を与えるほどの株式を保有していないからです。

 

相場の転換点

このような暴落局面で、小型株の株主が大きく入れ変わるのです。株主が入れ替わるということは、新しく小型株式を購入した投資家というものはこの株価が基準点となるのです。
この基準点を起源として新しい相場が始まるのです。この新しい相場というのは、これから株価が下がっていくのか、それとも持ち直して株価が上昇に転じるのかは全く分かりません。

 

新しい相場が始まってその相場がどちらの方向に動いていくのかということが分かるまでは個人投資家は、ただ株価を眺めるだけにして決して投資してはならないのです。
ただ株価を見ているだけの作業はつまらないことなのかもしれません。しかし、どちらに株価が動いていくのかは分からない時は株価のトレンドが現れるまで投資してはならないのです。この待つという作業は投資ではかなり大事なことなのです。