ハイブリッド投資

投資の本音

投資している企業の株価が下がって本当はその下がったときに投資先である株式を損切りしなければならない局面になってしまった場合、少しでも損切りの金額を少なくしたいというのは人情ではないでしょうか。もっと本音を申し上げれば同値撤退して投資資金を減らしたくないのが本音だと思います。
私はこういう局面になったときにはまず「ナンピン」のよる株価の買い増しを行い投資の平均価格を下げます。ただ、このようにして株価の平均単価を安くして投資していた金額と同じくらいまでのところまで来たらだれもが株式を売却したいと思っているので、そういう時は株価は一時的な反発はあっても腰の据わった買いが入らないことが多いので、株価が反発したときには私はすぐに持ち株をすべて売却しています。
その後、株価がより強く反発した場合にはそこから株式を新たに購入してその株式の上昇にかけます。自分が損切りした値段よりも株価で株式を購入するなんて損をしているようなのでしたくないという人もいるかもしれません。しかし、株式がこれから上昇すると思った時には株価がいくらであろうとも株式を購入できることが投資で利益を生むことができる行為なのです。ですから、自分がいくらで株価を売却したとかという小さなことに拘泥していてはならないのです。また、私は株価が下落したときにはそこで空売りを仕掛けて株価が下落するほうにかけた方がいいのは言うまでもありません。

 

投資法

私は普段から株価下値でも株価は購入しませんし高値でも株式を売ることがない順張りを行なっています。つまり、私の株式投資方は上昇相場は投資は買いで入ることが多いです。しかし、相場が下落相場に突入したと思ったときには私は空売りを多く使うのです。
一昔前まではこの方法でなんとか相場を乗り切ってきたのですが、最近はGPIFによるETFの購入金額は非常に増えたので、株式の空売りをやめ、とにかく株価が下がったときには株式を買い増しをして、株価が上がったら株式を売却することを繰り返しています。