ハイブリッド投資

楽しすぎる株主優待投資

私が株式投資を始めたきっかけは株主優待が欲しいと思ったことです。株主優待を実施している上場企業はすでに千社にもなるようですが、毎年株主優待を新規に実施する企業が増えていることからいかに株主優待が人気のある投資コンテンツであることがわかるでしょう。それだけではなく、インターネットを検索すれば株主優待に関連するサイトは山のようにヒットしますし、時期になると株主優待関連の書籍まで発行されるのです。

 

投資的には株主優待は第三のメリット

株式投資で得られる株主の主なメリット(権利)は配当金と値上がり益が得られることです。日本の株式投資では配当金よりも値上がり益を狙うというパターンの株式投資が多いように思われるのですが、本来は株式投資の基本は長期投資で値上がり益と同時に配当金を狙っていくのが常道と言っていいと思われます。長期投資を目指している人が配当金と同時に株主優待があるとなれば、その銘柄を購入するのに大きな動機になるのです。その意味から言えば、通常の株式投資の配当金と値上がり益のダブルメリットよりもプラスアルファの株主優待があるのはトリプルメリットがあるともいえます。

 

あまり知られていない株主優待投資のメリット

はじめにも書いたように株主優待は楽しいですから、株主優待ファンはかなりたくさんいることは間違いない事実です。それに、株主優待をもらうためには現物株を保有していることが絶対的な条件でありますから、現物で株主優待株を購入した株主優待ファンはその現物株がよっぽど株価が悪くなければなかなか売却することをしません。つまり株価が安定しているということにほかなりません。株主優待狙いの投資ではあまり大きな値上がり益も狙いにくいのは確かなのですが、保有していれば株主優待と配当金を得られるのですから、株価が安定しているということは精神衛生上かなり良い状況であるともいえます。